糖尿病の予防・改善に青汁がおすすめな理由

栄養たっぷりの青汁で糖尿病を予防・改善しよう

青汁の健康パワーで糖尿病の予防改善を

青汁

糖尿病は40代以上の10人に1人がかかっているとも言われている病気です。発症すると完治することは難しいのですが、生活習慣を見直して血糖値を正常レベルに保つことにより、症状をコントロールし、改善に導くことも可能です。

糖尿病を予防・改善したい方におすすめしたいのが、豊富な栄養素がぎゅっとつまった「青汁」です。

なぜ青汁が糖尿病の予防・改善に良いのでしょうか。
青汁を飲むことで得られる健康効果を見てみましょう。

 

糖尿病の予防・改善が期待できる青汁の効果

野菜不足を手軽に解消できる

野菜不足を補って健康に

糖尿病の改善には食事療法が用いられるように、毎日の食事はとても大切。青汁には不足しがちな野菜の栄養がぎゅっと凝縮されているので、ビタミンやミネラル、アミノ酸など身体に必要な栄養素を手軽に補うことができます。

毎日の食生活を整えるお手伝いをして、健康をしっかりサポートしてくれます。

食後の血糖値上昇を抑える食物繊維が豊富

血糖値の上昇を抑える食物繊維

青汁には食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維は食後の血糖値が上がるのを抑える効果があり、糖質の吸収も緩やかになります。そのため食後に分泌されるインスリンも少なくする作用があります。

また、コレステロールを体外に排出する効果があること、腸内を刺激するので自然とお通じが良くなることも嬉しい効果です。

「桑の葉」の青汁に含まれるDNJ(R)が血糖値上昇を抑える

桑の葉の青汁が一番おすすめ

青汁の中でも桑の葉を主原料とした青汁には、DNJ(R)(1-デオキシノジリマイシン)という成分が含まれています。このDNJ(R)は、小腸での糖の吸収を穏やかにする作用があり、血糖値の上昇を抑えてくれる優れた成分です。

通常食べ物を摂ると消化酵素でブドウ糖に分解されて小腸から吸収。その後血糖値が上がるのですが、DNJ(R)が近くにあると消化酵素がブドウ糖と勘違いして結びつくため、吸収されるはずのブドウ糖が吸収されにくくなり、血糖値が抑えられるのです。

 

特におすすめなのは「桑の葉」を原料とした青汁

血糖値やHbA1c(ヘモグロビン・エイワンシー)を下げる効果のあるDNJ(R)は、桑の葉の特有成分です。青汁でこの効果を得るためには、桑の葉を主原料とした青汁を選ぶ必要があります。

桑の葉は、800年前から健康に良いとされ、人々の生活に取り入れられてきました。

お腹の調子を整えることはもちろん、体の元気を支える働きもあるので、現代人の乱れがちな食生活にピッタリの健康食材です。体の調子を整えることは、肥満の防止や生活習慣病の予防にもつながります。

せっかく青汁を飲むのなら、桑の葉で作られたものをおすすめします。

このサイトでは、糖尿病の効果的な青汁の種類、人気のある青汁8選と、糖尿病の症状や原因、改善方法をまとめています。血糖値が気になる方、食生活を整えたい方など、青汁で糖尿病を予防・改善したいと考えている方の参考になれば嬉しいです。

 

 糖尿病の予防・改善に飲みたい青汁ランキング

 

このサイトについて
「糖尿病の予防・改善に青汁がおすすめな理由」は、管理者が個人的に調査・作成したサイトです。
紹介している製品に関する詳細や最新情報が知りたい方は、各社公式サイトをご確認ください。