栄養たっぷりの青汁で糖尿病を予防・改善しよう

HOME » もっとも効果的な青汁の種類は? » 桑の葉

桑の葉

桑の葉とは――?

桑の葉は日本の各地で見られるクワ科の落葉樹です。養蚕業が盛んだった昔は、桑の葉は絹を作る蚕の餌としてよく利用され、養蚕地を中心にお茶として飲む習慣もあったようです。また、桑の葉だけでなく枝や根の皮、実なども漢方薬として使うことができます。

桑の葉は鎌倉時代から薬草として用いられてきたようで、漢方では副作用が少なく病気を治す効果があると言われています。

糖尿病改善が期待できる桑の葉の成分とは

桑の葉に含まれる成分には、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、鉄、亜鉛、マグネシウム、カルシウム、各種フラボノイド、カロテン、食物繊維、γアミノ酪酸などがあります。

これらの豊富な成分により、最新の研究では多くの健康効果が確認されていて注目が集まっています。

糖尿病の予防や改善、食後の血糖値上昇をやわらげる、高血圧の改善、中性脂肪値を下げる、腸内環境を整える、コレステロール値を下げる、肝臓や腎臓機能の改善、ダイエット効果など、生活習慣病の予防や改善にもとても効果的な原料です。

【注目】桑の葉の有用成分

DNJ(R)

桑の葉の成分の中でも、糖尿病に効果があると言われているのがDNJ(R)(デオキシノジリマイシン)です。

DNJ(R)はブドウ糖ととても構造が似ている成分です。食事から摂った糖分は小腸壁でαフルコシダーゼという酵素と結びつき、体内に吸収されます。DNJ(R)は本来結びつくブドウ糖の代わりにαフルコシダーゼと結びつくため、糖分が吸収されずにそのまま小腸を通って大腸へと送られます。

糖の吸収が穏やかになることで食後の血糖値の急上昇が抑えられること、DNJ(R)自体にもインスリン分泌を促進する効果があることにより、糖尿病の予防改善に効果が期待できると言われています。

食物繊維

桑の葉には食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維には腸からのコレステロール吸収を抑える働きがあります。コレステロール値や中性脂肪値が下がることで動脈硬化を予防するなど健康効果をさらに発揮します。もちろん腸内環境を整える効果もあるので、毎朝スッキリしたい方にも嬉しい成分です。