栄養たっぷりの青汁で糖尿病を予防・改善しよう

HOME » 糖尿病について正しい知識を持とう » 糖尿病の原因

糖尿病の原因

「甘い食べ物が好きな人は糖尿病になりやすい」なんてよく言われますが、実際は食生活だけでなく様々な原因が糖尿病の引き金となっています。

糖尿病の95%以上が2型糖尿病と呼ばれるタイプで、インスリンの出る量が少なくなったり、細胞がインスリン作用を感じなくなりブドウ糖を上手く取り入れられなくなることが原因です。発症する理由には両親や兄弟などの遺伝や、肥満や過食、高脂肪食、ストレス、喫煙、運動不足といった生活習慣が関わっていると言われています。

糖尿病の原因となる生活習慣を改善しよう

2型糖尿病の場合は、生活習慣を見直すことで糖尿病を予防したり改善することが可能です。両親による遺伝があっても生活を変えることで予防することはできます。

トイレが近い、のどが渇く、だるいなどの自覚症状があるのに生活習慣を改善せずに過ごして医師の判断や治療を受けないままでいると、血糖値が高いままの状態が続きます。すると血管が障害されてさまざまな合併症が起きる可能性が高まりとても危険です。

糖尿病の合併症

糖尿病の合併症は全身に現れます。

・眼/網膜症、白内障、緑内障
・呼吸器/感染症、肺炎、肺結核
・腎臓/腎症
・泌尿器/ED、尿路感染症、膀胱炎、排尿障害
・脳/動脈硬化、脳梗塞
・心臓/動脈硬化、心筋梗塞
・神経/末梢神経障害
・皮膚/皮膚症、感染症

これらのうち3大合併症と呼ばれているのが、網膜症・腎症・末梢神経障害です。

網膜症は高血糖により眼の毛細血管に障害が起きて出血、悪化すると網膜剥離が起き、最悪の場合は失明します。腎症は血管の集まった所に障害が起こり腎臓機能が低下。最悪の場合、透析療法が必要となります。末梢神経障害は知覚神経、運動神経、自律神経に障害が起こり、身体全体の機能が鈍くなるほか、痛みやしびれが起こります。

これらの合併症を発症させないためにも、糖尿病かもしれないと疑ったら医師の診断をあおぎながら、生活習慣を見直していきましょう。